美白化粧品を選ぶ際の注意点

美白化粧品 > しみ・そばかすの改善が期待できる美白化粧品の成分

しみ・そばかすの改善が期待できる美白化粧品の成分

しみやそばかすに絶大な効果を発揮する美白成分がハイドロキノンです。最近は化粧品にこのハイドロキノン成分が含まれているものも見かけるようになっています。ここでは、しみ・そばかすの改善が期待できるハイドロキノンについてお話しましょう。
美白化粧品~化粧品がシミの原因となる?~

なぜ、化粧品に配合されるハイドロキノンは効果があるのかを知るには、しみ・そばかすができるメカニズムを理解しておきたいです。 紫外線のダメージによってしみができてしまいます。

お肌が紫外線を浴びるとダメージを受けて、その情報がメラニンを生成する細胞であるメラノサイトに伝達されます。 その結果としてチロシナーゼと呼ばれる酵素が作用してメラニン色素を大量に作り出してお肌を守ろうとします。 海水浴にいったら日焼けしてお肌が黒くなるメカニズムをイメージすると分かりやすいでしょう。

一般的なお肌の生まれかわりであるターンオーバーが正常に行われている場合はメラニン色素も綺麗に剥がれ落ちてくれます。 けれどもストレスや加齢や強すぎる紫外線の影響のためにターンオーバーが乱れることもあります。 そうなるとメラニン色素が剥がれ落ちないで残ってしまいしみへと変化します。

このようなプロセスでできてしまったシミに効果を発揮するのがハイドロキノンと呼ばれる美白成分なのです。 メラニン生成を促す酵素であるチロシナーゼを撃退する機能をハイドキノンが持っているのです。 根本的な原因を根絶させることが可能になります。

同時にメラニン色素自体の色を薄くする効果もあるのです。 ビタミンCやアルブチンやコウジ酸も美白成分として有名です。 けれども、こちらの方は<しみ予防>に効果がある成分です。 できてしまったシミを消すという観点で考えると「ハイドロキノンは従来の美白成分の100倍以上の効果がある」とされています。

一方、そばかすはどうでしょう。 遺伝的な要素が多いからできてしまうと理解している人は多いでしょう。 小さい頃からそばかすに悩んでいる女性は、もう諦めているかもしれません。 加齢に伴いそばかすが濃くなったり広がったりする場合は同じくメラニン色素がお肌に沈着することが原因になっているようです。

実は、そばかすにもハイドロキノンは有効です。 遺伝的なものでも徐々に薄くしてくれる働きがありますが、しみ消しほどの速効性はないです。 けれども時間をかけることでそばかすを目立たないようにさせることは不可能ではありません。 私もそばかすでなやんでいましたが、ハイドロキノン配合の美容液を試して3カ月程度からそばかすが全体的に薄くなったように思います。


ニキビ跡の緩和に有効なハイドロキノン美容液

ハイドロキノン配合の化粧品はニキビ跡を目立たなくさせることでも女性から注目されています。 ここでは、ニキビ跡の緩和に有効なハイドロキノン美容液についてお話をしましょう。

「どんなタイプのニキビ跡にハイドロキノンが有効なのか」とか「効果的なハイドロキノン化粧品を使用するタイミング」などを知ってお肌のトラブルを撃退しましょう。 毛穴の中が炎症を起こした状態がニキビです。 このニキビを無理に指でつぶしてしまったりすると傷口から雑菌が入ります。

お肌に炎症が起こり悪化してニキビ跡が残ってしまいます。 加えて、ニキビの炎症を抑える目的でヒドロキシラジカルと呼ばれる活性酸素が発生します。 ヒドロキシラジカルはメラニン色素の生成を促進させてしまう性質をもっていますから色素沈着の原因になります。

正常なお肌のターンオーバーが行われている限りは色素沈着が自然に薄くなっていきますのでまったく問題はないです。 けれども加齢によって新陳代謝が弱くなると色素沈着した状態がそのまま定着します。 結果として頑固なニキビ跡になってしまうのです。

ニキビの炎症がおさまってすぐは赤から紫色になります。 さらに時間が経過すると色素沈着してしまい茶色っぽくなってきます。 ハイドロキノンが有効に働くのはメラニンが作られてしまった茶色の時期になってからです。 茶色い状態をハイドロキノンの漂白作用によって淡色化させてメラニン生成を防ぎます。

早ければ数週間ほどの短期間で効果を実感できます。 まだ初期段階の赤色や紫色のニキビ跡にハイドロキノン化粧品を使っても効果は見込めませんから注意しましょう。 皮膚表面がボコボコとクレーター状のようなニキビ跡にはハイドロキノンの美白効果はあまり発揮しません。 赤色や紫色やクレーター状のニキビ跡ならば皮膚科専門医に相談することが良いです。

ハイドロキノン配合の化粧品には化粧水・クリーム・美容液といろいろなタイプがありますが、毎日のスキンケアにハイドロキノン化粧品を1つプラスするなら美容液がおすすめです。 美容液は肌トラブルに直接作用するように設計されているものが多いからです。

とくにハイドロキノンを配合した美容液の場合はちょっと粘性があるのが特徴です。 ゆっくり美白作用をもたらしてくれますし、美容液の方がより浸透性が高いと言われています。